ブログ

2017トレーニング

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017佐賀を開催するにあたり

今年度の、実行委員のトレーニングを行います

これは、リレー・フォー・ライフのライセンス管理と

リレー・フォー・ライフが正しく運営されるために行われる

日本対がん協会が行うトレーニングです

はじめて実行委員会に参加される方は、必ず受講してください

また、既に実行委員になっている方々も

初心を振り返るために受講をお願いします

期日は4月15日(土曜日)14時〜

場所は佐賀県総合保健協会2階会議室です

2017年の実行委員を募集しています

特にこれといった資格や経歴が必要なわけではありませんが
リレー・フォー・ライフの三つのテーマ
 
「祝う」(Celebrate)
がんの告知を乗り越え、ガント共に生きてきたサバイバー・ケアギバーを祝福します
 
「しのぶ」(Remember)
がんで亡くなった愛する人を偲び追悼します。また、病の痛みや悲しみと向き合っている人たちを敬います
 
「立向かう」(Fight Back)
がんの予防や検診を啓発し、制圧のための寄付を募り、がんに負けない社会を作る
 
に共感していただき
このイベントがチャリティー・イベントであることを理解していただき
月一回の実行委員会や、9月の大会に向けて汗を流して頂ける方々を募集します
自薦他薦は問いませんが
先ずは、一般ボランティアとして仲間になっていただきます
 
その後に、対がん協会が行うトレーニング(講習会)を受講していただいたのちに、実行委員としての登録を行います
 
一緒にリレー・フォー・ライフ活動を行いませんか

ありがとうございました

 この度は、リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016佐賀に対しまして、多大なるご協力を戴きましたことに、心よりお礼を申し上げます。皆様方のおかげをもちまして、今年度の大会も無事に終了することができました。
 
 今年度は、38チームの方々にご参加をいただき、最終の参加者は昨年同様の2000名程度の方々に会場にお越しいただきました。その内の134名の方々が、サバイバー(がん経験者)として受付登録をしていただきました。この数字は全国的にも高い評価をいただける数字で、実際にはもう少し多くのサバイバーの方々に参加していただいていたものと思っております。
 
 協賛金についても、36の医療関係者、企業、団体の方々から、力強いご支援を頂きました。
 
 募金箱の設置カ所も130箇所と昨年の倍近い場所に設置することができ、2016大会の告知と合わせて、ご協力を頂きました。また大会当日の二日間に渡っても募金やグッズ購入などのご協力を頂いたことも、喜びの限りであります。
 
 大会を支えて頂きましたボランティアの方々、ルミナリエでメッセージをお寄せ頂いた方々、「でくっしこ」のタスキを繋いで24時間を歩いて頂いた方々、イベント、啓発や飲食にと大会を盛り上げてくださいました方々、そして佐賀らしさの象徴として、熱気球の夜間係留を快く引き受けて頂いた方々、そんな多くの皆様方から力強い応援をお寄せ頂きました。
 
 そんな数々のご厚意に心より感謝を申し上げまして、また来年、リレー・フォー・ライフ・2017佐賀でお会できることを祈念して、お礼のご挨拶といたします。ありがとうございました。
 
2016年9月26日
リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀実行委員会一同
IMG_0542
閉会式集合写真
 
IMG_0532
24日夜、ラストステージを盛り上げてくれた係留熱気球

知っていてほしいこと

リレー・フォー・ライフに参加される皆様方に知っておいてほしいことがあります

同じ内容のものを、当日にも配ることにしていますが

よろしければ、事前にお目通し願えればと思います。

2016nani

会場(テント配置)図について

これまで、再三に渡って会場図をお示ししましたが

チームの異動や会場の配置の関係から変更が出てきておりましたが

本日(9月20日)に最終の確定を行いましたので

ご確認をお願いします。

別ページ「本日のスケジュール」に図面を掲載していますので

そちらの方をごらんください。

TOPへ